スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アメージング・グレイス
今日は、さりげなく行っている音楽鑑賞についてお伝えします。
実は僕、聴くジャンルがクラシック等のような渋いジャンルばかりで、友達の流行にはついていけません^^;

今日、ご紹介するのは、アメージング・グレイスです。

この曲の作詞者、ジョン・ニュートンは、1725年にイギリスに生まれ、奴隷を運ぶ船の船長で、簡単に言えば悪い人だったのですが、船上で嵐から奇跡的に生き延びる、という経験をした後、心を入れ替えて神父になり、いくつかの賛美歌を残したと言われています。
その中の一つがこの曲で、透明感のあるゆったりとしたメロディが気に入っています!

以上、オタク放送でした!!

僕が結構好きな曲なので、「続きを読む」を押していただくと聴いていただけるかもしれません。
続きを読む
スポンサーサイト
2007/04/16(Mon) | 趣味記 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
どうやったらスマッシュを返せるの・・・。
今日は、卓球が以下に難しいかを皆さんに知ってもらいます。
卓球、イメージ的に暗いイメージを持たれがちで、日本では温泉でピンポン~なんてイメージも持たれてしまっています。

が、しかし競技としての卓球は、プロのスポーツの中で、トップレベルの反射神経を必要とする、と言っても過言ではないと思っています。

卓球の台の長さは、2.74メートル、プロ選手のスマッシュともなれば時速90kmを超えると言われ、上級者でもその前後を行くと聞きます。時速90kmの球が3mほどの相手に届く・・・・。
ちょっと僕の嫌いな計算をしてみます・・・。

時速を3.6で割ると、秒速が出されるんです!なんと素晴らしい!(バカ筆者)
90÷3.6で、秒速25mと言う事が判明しました。
そして、秒速25mが3mを通過する早さは、
時間を距離で割ります。3÷25ですので、0.12秒になりました。計算上、相手がスマッシュを打った0.12秒後に、球は自分のコートに着弾して、バウンドしています。他に、選手が打つ高さによって違ったりもありますし、重力だの何だのという計算は入れていませんが、ボールの軌道が一直線で、スピードが急激に落ちるとも考えにくいので、0.1秒前後に反応をしないと上級者のスマッシュは返せないと言う事になりました・・・。これはプロでも困難です。

僕が思い付いた打ち方は二つになりました。
・あらかじめ予想して先に行動をする。
・自ら距離をとってボールが来る時間を延ばす。
・息でスピードを落とs
続きを読む
2007/04/07(Sat) | 趣味記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。