スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
赤面の叙情詩 第壱
赤面の叙情詩1

抒情詩(叙情詩)とは、書く人自らの内面的な思想、主観的な感情を描いた詩の事です。


数え切れない生命が住んでいるこの星で、極わずかな確率で65億人しか生きない人間として生まれた人。
考えられる事って当たり前ではないんです。
青い空を眺められる事がどんなに幸せな事でしょう。
今、隣で笑い会える人が居る事がどんなにうれしい事でしょう。

大切な人、大切な場所、大切な時、全てがあるのを当たり前だと思ってしまってはいけないと思います。

そんな想いを少しでも乗せて・・・


「奇跡の出会い」



出会いは 奇跡だ

宇宙の中の ほんのちいさな銀河 太陽系
太陽系の中の ほんのちいさな命の星 地球

地球に生きる6500000000人みんなと 顔を合わせる事も無く
日本に生きる100000000人みんなと 顔を合わせる事も無く
東京に生きる10000000人みんなと すれ違う事も無いけれど

君と今 友達という 奇跡の関係になれたこと・・・

出会いは 不思議だ
出会いは 奇跡だ

今 この一秒一秒に 6500000000人は動いている



出会いは 奇跡だ

広い広い 地球の中の
広い広い大地に 身をゆだねる

むこうからやってくる風は 世界中を旅した 風

とてもとても広い地球で 風は
あなたを離れて 再び 流れ出した
全身を通り抜ける 風
友達もまた 風のようなものなのだろうか

出会いは 奇跡だ
だから そこには別れがある

けれど そこに運命があったなら
そこにはまた 風が戻ってくるだろう



今 風が流れる
この時 一秒一秒に

6500000000人が動く この時に

スポンサーサイト
2007/04/16(Mon) | | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gomipoi.blog98.fc2.com/tb.php/20-5513747e
-
管理人の承認後に表示されます【2012/10/23 10:32】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。